寝れない | 筋弛緩法を試してみました

筋弛緩法を試してみました

スポンサーリンク

 

筋弛緩法というのも試してみました。

 

 

強い不安やストレスがあると、
気持ちだけでなく身体も緊張してしまい、
床に就いても体が固まってしまいます。
これが寝れない原因になったりします。

 

 

不眠になると
肩こりや背中の痛みが出ることも多いですが、
その原因も、身体の緊張にある場合が
多いと思います。

 

 

心の緊張を努力してなくそうとしても
なかなか難しいですが、
身体の緊張を解いてうまくリラックスできると
気持ちの面での緊張も静まってくることがあります。

 

 

この仕組みを利用して、
意識的に体をリラックスさせ、
精神的なリラックス状態をつくり出す方法
の一つが
筋弛緩法です。

 

 

その方法は、下記の通りです。

 

@両手

両腕を延ばして膝の上に置き、10秒固く握った後、
手のひらを開いて20秒間脱力します。

A上腕 肘を折って握りこぶしを肩まで上げて緊張させ、弛緩させます。
B背中

肘を尾って握りこぶしを肩まで上げ、
肩甲骨を中心に緊張させ、弛緩させます。

C肩

力を入れて両肩をあげて緊張させ、
その後力を抜いて肩を下げて弛緩させます。

D首

右に曲げて緊張させ、戻して弛緩させます。
左も同様に行います。

E顔

口をすぼめ顔を中心に寄せて緊張させ、
口をぽかんと開けて弛緩させます。

F腹部

手を当てて腹に力を入れて緊張させ、
腹をゆるめて弛緩させます。

G足

つま先を延ばして足の表側の筋肉を緊張させ、弛緩させる。
つま先を上に曲げて足の裏側の筋肉を緊張させ、弛緩させます。

H全身 @〜Gの全部意を同時に緊張させ、弛緩させます。

 

この筋弛緩法の一番のポイントは、
筋肉が緊張した状態と、緩んだ状態の差を体感し、
自覚できるようにして、
自分の意志で筋肉を緩めていく点にあります。

 

 

実行する際は、イスに座って
ゆったりした気持ちで行うことが大切です。

 

 

スポンサーリンク

 

>>自律訓練法を試しました | 寝れない 次のページへ

 

寝れない…私の不眠症治療体験記 トップページへ