寝れない | 寝る前にはタバコを吸うことは控えましょう

タバコは脳を目覚めさせる効果があります

スポンサーリンク

 

喫煙者にとっては、
タバコはリラックスの効果があると考えて
寝る前のタバコはいいことと考える人も
いるかもしれませんが、
タバコには覚せい作用があります。

 

 

タバコに含まれるニコチンは、
肺から吸収されて血液に溶け込んで全身を巡り、
そのときに交感神経の働きを活発にします。
そして、血圧の上昇、心拍数の増加をもたらします。

 

 

さらにニコチンは、脳にたいしては
覚せい作用をもたらします。
ですから、タバコを吸うと寝つきが悪くなるのです。
とくに寝る前1時間以内の喫煙は
寝つきを悪化させる原因
になります。

 

 

また喫煙は、肺や気管支にも影響を与え、
息苦しさやセキ、タン、ノドのイガイガ、
口の中の不快感などを招きます。
どれも寝つきを悪くさせますし、
中途覚醒の原因になります。

 

 

ですから、喫煙者の中で不眠で悩んでいる人がいたら、
できれば禁煙することをお勧めします。
ただし、それが難しい場合は、
せめて就寝前の1時間以内はタバコを吸うことを
控えましょう。

 

 

枕元に灰皿を置いて寝たばこするのは、
睡眠にとってもかなり良くない習慣ですし、
失火の原因にもなりますので、ご注意ください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>筋弛緩法を試してみました | 寝れない 次のページへ

 

寝れない…私の不眠症治療体験記 トップページへ