寝れない | 寝る前はお酒を控えましょう

寝酒の習慣は眠りの質を低下させます

スポンサーリンク

 

日本人は、不眠解消のためにアルコールを飲む人が
他の国に比べて多いそうです。

 

 

たしかにアルコールには
緊張をほぐしたり、気分転換をする
リラックス効果がありますし、
多く飲むと、催眠作用が出てきて
寝つきが良くなることもあります。

 

 

ただ、睡眠薬代わりの寝酒は
睡眠薬より危険と言われています。

 

 

というのも、飲んですぐ眠れるためには
血中のアルコール濃度を一気に上昇させる
必要があります。
このような飲み方を毎日続けると
身体はそれに適応して効果がだんだんうすくなり、
その分自然とアルコール摂取量が増えてきます。

 

 

そうして、アルコール依存症
肝臓病の原因になることもあります。

 

 

そしてこのような飲み方を2〜3週間続けると
眠りの質も悪くなります。
寝いったあとの2〜3時間はいいですが、
アルコールが分解されてしまうと眠りの質が下がり
夜中に何度も目覚めたり、眠りが浅くなったりします。

 

 

そしていったん寝酒の癖がつくと、
飲まないと眠れなくなったりもします。
ぜひ、寝る前の飲酒は避けてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>寝る前はタバコを控えよう | 寝れない 次のページへ

 

寝れない…私の不眠症治療体験記 トップページへ