寝れない | 寝る前にはコーヒーを控えたほうがいいです

カフェインには覚せい作用と利尿作用があります

スポンサーリンク

 

コーヒーを飲むと頭がシャキッとするのは、
カフェインと言う成分の効果だということは
ご存知かと思います。

 

 

カフェインは、強い覚せい作用を持っており、
寝る前に摂取すると、
自然に眠くなる時に活発になる
脳の神経機構の働きを抑えてしまいます。
結果、寝つきが悪くなることになります。

 

 

また、カフェインの作用は、
摂取後30分から効きはじめ、
4〜5時間は持続すると言われています。
ですから、カフェインは寝つきだけでなく
眠りの質にも影響するのです。

 

 

また、カフェインには利尿作用もあり、
飲むと尿意をもよおす回数が増えます。
床に就いた後にこの作用が聞いてくると
夜中にトイレで目覚めることになります。

 

 

カフェインを含む飲み物は、
まず代表としてはコーヒーですが、
紅茶や緑茶、ウーロン茶やコーラにも含まれています。
チョコレートやココアにも含まれています。

 

 

もちろんコーヒーのほうが
カフェインの含有率が高いですが、
たくさんおかわりすると、同じように
カフェインを大量に摂取することになります。

 

 

また、コーヒーは淹れ方によっても
含有量が変わってきます。
豆の種類や焙煎の仕方によっても違いますし、
ドリップとインスタントでもカフェインの量には
違いがあります。

 

 

ですから、不眠で悩んでいる場合は、
夕食後にはカフェインを含む飲料は飲まない
ことをお勧めします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>寝る前はお酒を控えよう | 寝れない 次のページへ

 

寝れない…私の不眠症治療体験記 トップページへ