寝れない | 寝る前は食事を控えたほうがいいです

どうして寝る前は食事をひかえるべきなのか

スポンサーリンク

 

お昼ご飯を食べた後などは
よく眠くなる経験をしたことがあると思います。
それなら、寝る前に食事をすると
寝つきが良くなるのかといえば、それは違います。

 

 

胃腸が活発に働いているということは
身体の一部が活動モードにあるということですし、
食事をすると、エネルギー代謝が活発になり
体内の温度が上昇するため、かえって寝にくくなります

 

 

ですから、遅い時間い食事をして
床に就くときに消化活動が終わっていなければ
寝つきが悪くなります。
寝付いたとしても、消化活動が活発なうちは
良い眠りにはつけません。

 

 

ですから、食事は寝る2〜3時間前
済ませておくほうがいいです。

 

 

ただ、中には仕事で帰宅が遅く、
それから食事をとるという人もいると思います。
ですが、睡眠のためには我慢せず
仕事を中断してでも早めに食事をしたほうが良いのです。

 

 

夕食が終わった後で、
眠りのために(ときにはダイエットのために)
絶対に何も食べないという人もいます。
しかし、それだと今度は
空腹で眠れないということになります。

 

 

寝る前に空腹になり、我慢できないようなら
スナックなど、当面の空腹感を
解消する程度のものを食べるとよい
です。
胃腸の負担を考えて、バナナなどのフルーツや
ビスケットなどが最適です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>寝る前はコーヒーを控えよう | 寝れない 次のページへ

 

寝れない…私の不眠症治療体験記 トップページへ