寝れない | 女性特有の体調の変化に対応する

女性特有の体調変化に上手に対処するには

スポンサーリンク

女性には、月経妊娠出産更年期など
特有の現象があり、
睡眠もその影響を受けます。
私の不眠も、更年期が少なからず
影響していると思っています。

 

 

月経直前に、
日中の眠気が強くなる場合があります。
これは、女性ホルモンの一つである
黄体ホルモンの影響によるものです。

 

 

黄体ホルモンは、妊娠するとさかんに分泌され、
身体がだるい、日中眠いといった
症状を引き起こします。
これは、妊娠中になるべく体を休め
消費エネルギーを温存して、
お腹の赤ちゃんと母体の身体を
安全に維持するためと考えられています。

 

 

そして、月経直前から月経がはじまるまでの期間は
黄体ホルモンの分泌量が増えますので
身体が妊娠したときと同じような状態になり
眠気が強くなります。

睡眠時間が長くなったり
睡眠が不安定になって目覚めやすくなる人もいます。

 

 

妊娠中や月経時の眠気を抑える方法は
なかなかありませんので、
身体の自然な営みとポジティブにとらえることが
大事だと思います。
妊娠後期や月経2日目ごろには
黄体ホルモンの分泌は低下し、
眠気も弱まってくるでしょう。

 

 

なお、更年期には不眠を訴える人が多いです。
しかし、更年期の不眠のメカニズムというのは
まだはっきりとわかっていません。

 

 

年齢でいえば50代で、
身体に加齢の変化が現れますので
若いころと同じように睡眠をとろうとすると
不眠を招くことがあります。

 

 

また、体内のホルモンの状態が大きく変化するので
うつ病が起こりやすい時期でもあります。
更年期の不眠の原因は、うつ病だったというケースも
考えられますので、ご注意ください。

スポンサーリンク