寝れない | 不眠の症状には4タイプあります

自分の不眠のタイプを知っていますか?

スポンサーリンク

不眠症は、次の4つのタイプに分けられます。
あなたのはどれですか?

 

@入眠障害
布団に入ってもなかなか眠ることができない。
つまり、「寝つきが悪い」という症状です。

 

原因としては、周囲がうるさかったり
身体にかゆみや痛みがあったりすると
寝つきが悪くなります。

 

また、試験やプレゼンテーションの前日で
不安や緊張感が強いときなども
寝つきは悪くなります。

 

A中途覚醒
いったん寝たのに夜中に目が覚めて
それ以降に寝付けなくなるタイプです。

 

原因としては、尿意や夢、身体の不調
強い精神的ストレスなどが考えられ
中高年で最も多いケースです。

 

また、睡眠直前の飲酒が
中途覚醒をまねくこともあります。

 

B早朝覚醒
午前4時や5時など、
多くの人が眠っている時間帯に目覚めて
それ以降は眠れない、
もしくは浅い眠りになってしまい
満足感が得られないというタイプです。

 

年齢を重ねると増える傾向にあります。

 

C熟眠障害
睡眠時間は十分なのに
ぐっすり眠った満足感がないというタイプです。

 

睡眠時無呼吸症候群の人などは
こういった症状を訴えるケースが多いようです。

 

 

以上の4タイプのうち、
自分がどの不眠タイプかを知っておくことが
寝れない状態を解決する第一歩になります。

 

 

また、不眠の状態が
どのくらいの期間続いているかも大切です。

 

 

緊張や喜び、悲しみなどの感情や
旅行先での環境の変化が理由での
1日〜数日間眠れない現象を
「一過性不眠」と言います。

 

 

また、配偶者や家族、親せきの死別
離婚、リストラ、引っ越し、転職など
とくに感情の高ぶりが強いときは
1〜2週間にわたって不眠が続くこともあります。

 

 

これらも一過性のものなら問題はありませんが、
1か月以上、不眠の症状が続くようなら
うつ病などの重大な病気の可能性がありますので
医師の診断を受ける必要が出てきます。

スポンサーリンク