寝れない | 市販の睡眠改善薬について

市販されている睡眠改善薬とはどういうものか?

スポンサーリンク

 

睡眠導入剤(睡眠薬)というのは
医師の処方にもとづいて出される薬ですが、
最近は、不眠に対する効能をうたう
「睡眠改善薬」というものが
全国のドラッグストアで手軽に購入できます。

 

 

代表的なのが、ドリエルですね。

 

 

このドリエルは、抗ヒスタミン剤が含まれています。
抗ヒスタミン剤は、もともとアレルギーの薬や
風邪薬の成分として使われており、
くしゃみ、鼻水、皮膚のかゆみなどの症状を
抑える作用を持っています。

 

 

そして、風邪薬やアレルギーの薬を飲むと
眠気をもよおすことは、だれでも経験があると思います。
この眠気を起こすのが抗ヒスタミン剤です。
そして、その副作用を逆に利用して
眠気を誘う薬として開発されたのがドリエルです。

 

 

基本的に、睡眠改善薬は
寝つきが悪かったり、眠りが浅かったりしたときに
一時的に症状を緩和させるために使用します。
ですから、慢性的な不眠症の人には向きません。

 

 

さらに薬ですから、多く摂りすぎると
副作用が出る恐れがあります。
また、子供妊婦妊娠の可能性のある人
飲んではいけないなどの注意もあります。

 

 

不眠の症状がまだ軽い場合は
試してみてもいいと思います。
もちろん服用の際には、説明書をよく読み、
用法・容量をきちんと守り、正しくご使用くださいね。
(薬のCMみたいですが・・・^^;)

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>漢方を試してみました | 寝れない 次のページへ

 

寝れない…私の不眠症治療体験記 トップページへ