寝れない | 睡眠導入剤の副作用

睡眠導入剤の副作用を知っておくことは大事です

スポンサーリンク

 

睡眠薬の副作用の代表的なものを
ご紹介させていただきます。
このような気になる症状が出たなら、
できるだけ早く医師に相談するようにしてください。

 

■持ち越し効果
朝眠たくて仕方がない・だるいなどが起こることがあります。
睡眠薬の効果が翌朝以降まで続いていることが原因です。
高齢の人ほど出やすい傾向があり、
午前中の眠気やふらつき、頭痛、倦怠感、脱力感などが起こります。

 

■筋弛緩作用
筋肉がゆるんで、身体に力が入らなくなることがあります。
それが原因dね、身体がふらついたり、転びやすくなったりします。
ご年配に特に強く出る症状ですので要注意です。

 

■記憶障害、健忘
薬を飲んでから寝付くまでのこと
夜中に目が覚めたこと
目が覚めてからのことを忘れることがあります。

 

薬を飲んだ後長時間起きていると出やすい症状ですので
飲んだらできるだけ早く床に就きましょう。

 

またアルコールと一緒にのむと特に症状が出やすいので
お酒との併用はNGです。

 

■早朝覚醒、日中不安
朝早く目覚めたり、日中に不安感が強くなります。
いずれも原因は、薬の効き目が早めに切れることです。

 

■反跳性不眠
突然薬をやめると、薬を飲む前よりも
強い不眠になることがあります。

 

■退薬症候
睡眠薬を長時間続けていた人が辞めるとき、
不安や焦燥感、ふるえ、発汗などの症状が起こることがあります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>精神科医は「薬屋さん」? | 寝れない 次のページへ

 

寝れない…私の不眠症治療体験記 トップページへ