寝れない | 睡眠薬の処方は患者が調節しましょう

睡眠薬の処方は患者自身が調節する努力が必要!

スポンサーリンク

 

患者は、医師の診察を受けて薬を処方されます。
そして処方箋を持って、調剤薬局に向かいます。
処方箋と薬手帳を出して、調剤を待ち、
カウンターでの説明を受け、代金を払って薬を受け取り、
病気が治ることを信じて、言われた通り服用します。

 

 

ですが、基本的に医師は
薬が病気に効果的であることだけを説明して、
副作用のことは説明しません。

 

 

また薬剤師も、薬剤を渡して代金を受け取ったら
すぐに次の仕事に取り掛かります。
もちろん、効能や副作用については
簡潔に説明書に書いてありますが、
それでは患者にとっては説明不十分で、
副作用によって体調を崩すケースだってあります。

 

 

これは睡眠薬だって同じことです。
むしろ、深入りすると生涯にわたって苦しめられるような
睡眠薬依存症に陥ってしまうこともあります。

 

 

ですが、医師も薬剤師も忙しく、
副作用のことだってすべてを説明することはできません。
それに、もし患者が医師や薬剤師に直接
副作用についての苦情を訴えたところで、

 

「薬には何例もの副作用があります。」

 

と言い返されて終わりです。
これは、私も経験済みですから・・・。

 

 

もちろん、処方した医師だって、
患者のことを真剣に考えて診察しているのです。
ですから悪く思ってはいけないとも思います。
しかし、現に副作用で悩まされる患者には
何も打つ手はないのでしょうか。

 

 

私は、睡眠薬の処方に関しては
患者自身が調節する努力を行うことも
重要だと思います。

 

 

やはり患者の体のことは、患者自身が一番分かっています。
ですから、余分な薬を処方されて
副作用に苦しみたくないと考えるならば、ときには
患者自身が薬の処方の中止をお願いする
ことが大事なのではないかと思います。

 

 

もちろん、医師が睡眠薬に精通していて
全幅の信頼を寄せられるなら
それに越したことはありませんが、
他の病気ならいざ知らず、
精神科に限っては、病院や医師によって
まったく処方される薬が違うというのは
私は身を持って体感しています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>市販の睡眠改善薬について | 寝れない 次のページへ

 

寝れない…私の不眠症治療体験記 トップページへ