寝れない | 光療法を試してみました

光療法を試してみました

スポンサーリンク

 

さらにインターネットで調べてみると
「光療法」という言葉が引っかかり、
試してみることにしました。

 

 

光療法とは、2500ルクス以上の光を
一定時間浴びることで、
睡眠物質のひとつであるメラトニンを抑制して
「概日リズム睡眠障害」を治療する方法です。

 

 

概日(がいじつ)リズム睡眠障害とは、
かんたんに言うと、夜更かし朝寝坊で
睡眠時間が通常より後ろへずれてしまったために
社会生活に支障をきたしている人のことです。

 

 

詳しいことは分かりませんが、
太陽光でもいいということが分かり、
それならお金がかからないので
手軽に始められるなと思い、
やってみることにしました。

 

 

朝起きて顔を洗ったら、イスをベランダに持ち出し
紫外線対策のために麦わら帽子をかぶって
首にはタオルを巻いて座りました。

 

 

何もしないのも退屈なので、
フレッシュジュースを飲みながら
朝刊を読んだり音楽を聴いたりしながら
45分間がんばりました。

 

 

この45分というのは、効果を得るために
最低限、当たっていなければいけない
時間だそうです。
これを始めたのは7月上旬だったので
暑くて暑くて、座っているだけで汗が流れました。

 

 

そして光療法を始めて5日目の夜、
サプリメントを飲んで20分ほどしたときに
だんだんと体が重くなって
目がとろんとして眠くなってきました。
それから、睡眠薬を飲まずに
そこそこ満足のいく睡眠が得られました。

 

 

これに気を良くした私は、
この日光浴とサプリメントのコンビネーションを
さらに3日くらい続けたら、
7時間ほどぐっすり寝られるようになりました。

 

 

結果、光療法は私にとってかなり効果的でした。
お金もまったくかかりませんし、
もしあなたも不眠症で悩んでいるなら、
まずは太陽光を1日45分以上浴びることを
続けてみることをおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>日常生活で気をつけること | 寝れない 次のページへ

 

寝れない…私の不眠症治療体験記 トップページへ